CAPM的世界観

書いているうちに、これは理論でも指南でもなく「CAPM的世界観」なんだと、そう強く思うようになりました。知ることは実は、進歩そのもので、しかもそれは世界観に内包されていることになります。
posted by equilibrium at 2007-11-15 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。