例題6-1) 「自分全体」のポートフォリオと「世界全体」のポートフォリオは、どのような関係にあるか

「自分全体」のポートフォリオは、もちろん世界中にたくさん、「自分」の数だけ存在しており、その総和が「世界全体」のポートフォリオです。

個々のポートフォリオを覗いてみれば、リスクの認識が互いに異なる場合があったり、またそれぞれが独自の見通しを持っていたりします。互いに交換できるリスクは交換し、それぞれが独自の見通しを表現し、つくられたすべてのポートフォリオの合計が世界全体であり、その構成比率を見れば、すべての「自分全体」のポートフォリオの平均像になっています。
posted by equilibrium at 2002-06-01 | [草稿]例題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。