例題7-2) 通貨が市場ポートフォリオに果たす役割は何か

市場ポートフォリオは世界中のリスク資産から構成されますから、どの通貨の立場から見ても、必ず外国資産と為替リスクを含んでいます。一方で、外国資産の為替リスクは、例えば為替予約によって、その大部分をヘッジすることが可能です。こうして通貨のリスクをあらかじめ交換しておくことは、それぞれの投資家にとって余計なリスクを減じ、ポートフォリオをより効率的なものにします。

欧州では1999年に通貨を統合し、あらかじめすべての通貨のリスクを、域内では「交換済」の状態にしました。交換することによって皆がリスクを避けられるのなら、人類が生産する活動に必然的に伴う「避けることのできない」リスクには、つまり市場ポートフォリオのリスクには、そもそも通貨のリスクは含まれていないはずです。

とはいえ異なる通貨は一般に、地域によって異なる「時間の価格」を表現するための道具です。あらかじめ交換することによって、通貨を統合することによって、これに起因するリスクを一見すべて避けられたように見えても、域内で異なった時間の価格が必要とされたとき、リスクは別の形で実現せざるを得ません。ある地域では金利が高すぎたり、また別の地域では金利が低すぎたりすれば、資金の需要と供給にアンバランスを生じさせます。言い換えれば、市場ポートフォリオの中に存在するであろう「避けることのできない」通貨のリスクは、おそらくこれに似た役割を果たしているはずです。つまり時間の価格が変化することによって、人や物資、資金の流れを調整することです。

複数の通貨の買いと売りを組み合わせることによって、積極的に利益を追求する投資家もいます。そういった通貨の選別には当然リスクが伴いますが、これらも、より適切に交換レートが評価され続けるために「必要なリスク」と考えることもできます。だとすれば、広義の市場ポートフォリオに含まれ、そこにプレミアムがあっても不思議ではありません。実際に、通貨の選別で利益を生み出しているヘッジファンドは多数あると言われています。
posted by equilibrium at 2002-07-02 | [草稿]例題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。